間違ったエイジングケアとは

間違ったエイジングケアとは

エイジングケアの大敵とされているのが、

肌への負担

 

肌に負担がかかってしまうと、シミやシワの原因になってしまいます。
肌に負担となってしまうような主な事としては次のようなこと。

  • 洗顔による摩擦
  • 化粧水をつける時に行うパッティング
  • 洗顔料によるダメージ
  • 肌の乾燥など

 

化粧品の選び方も要注意

化粧品の選び方

ファンデーション

ファンデーション選びをする場合にも、肌に優しい成分で作られているようなタイプである方が肌に優しいと言えますね。

 

洗顔

洗顔を行う時、オイルクレンジングを利用すると、配合されている界面活性剤により、肌への負担が大きくなってしまいますから、オイルクレンジングはポイントメイクを落とすだけにするようにし、普段はミルククレンジングや、オリーブオイルなどを利用してクレンジングをする事が大切です。

 

また洗顔料で顔をこするのではなく、洗顔料を泡立ててから顔を洗うようにし、手やタオルの摩擦により、肌を刺激してしまう事のないようにしましょう。
泡のたて方などもポイントになりますね。

 

化粧水

エイジングケア

化粧水をつける時に、肌を叩くようにパッティングをすると、肌への化粧水の浸透率を高める事が出来ると思っている人が多いのですが、叩くと、シミを呼んでしまいます。

 

化粧水は、優しく肌になじませるようにしましょう。コットンをこすりつけるような行為もNGです。

 

エイジングケアを取り入れる際には、肌への負担を極力避け、しっかりと水分を補給することで、エイジングケアの効果を発揮することができますから、肌に優しいお手入れを心掛けるようにしましょう。

 

関連ページ

エイジングケアは気付いた時にすぐはじめよう
エイジングケアで老化現象を防ぐ!若返りも可能な正しいエイジングケアで5年先、10年先を見据えて早めに取り組むのがおすすめです。
エイジングケアのデメリット
エイジングケアの最大のメリットは老化防止と若返り。でもそれに伴うデメリットも。そんなデメリットを打開する解決方法について。
エイジングケアに必要なもの
エイジングケアのために最低限必要となる化粧品などの選び方。
エイジングケアは何歳からするのがいいの
エイジングケアのベストなタイミングとは。先を見据えたエイジングケアでいつまでも若くいられるために。
エイジングケアとアンチエイジングの違い
エイジングケアの豆知識。よく使われているエイジングケアとアンチエイジング。この2つには微妙な違いが。その違いとは。
エイジングケア化粧品選びの最大のポイント
エイジングケア化粧品に必要な最大のポイントとは。正しいスキンケアで老化現象も防止するための方法と化粧水の使い方。
エイジングケアでどのくらいの期間で効果が出るか
エイジングケアをはじめてからどのくらいで効果が現れるのか。なかなか効果が得られない、というときに知っておきたいこと。
洗顔で気をつけること
エイジングケアの豆知識。エイジングケアの基本とも言える洗顔の注意点など。