エイジングケアと腸と乳酸菌の関係

エイジングケアと腸と乳酸菌

エイジングケアとは関係なさそうな腸内環境。

最近は腸内フローラなどの言葉も注目されてますね。

 

実は、腸の中を綺麗にして毒素を溜めないようにすることで、エイジングケアの効果を高める事ができるとされています。

 

腸内に便が溜まってしまうと、宿便から排出される毒素が血液を介して体中に蔓延することになります。
毒素が体の中に溜まってしまうと肌のターンオーバーが遅くなってしまう事がわかっていますので、腸内環境を正すように努力してみるのも効果を期待できますよ。

 

腸内環境を整えるには

乳酸菌

腸内環境を良くするためには、善玉菌を増やすために、乳酸菌の摂取や、食物繊維の摂取がお勧めです。

 

毎日善玉菌を増やすための食材を摂取することで、腸の中の宿便を排出し、綺麗な腸を保つことができる様になりますから、肌の再生にも効果的です。

 

腸の中が綺麗になることで、体調も良くなりますし、免疫力のアップにもつながりますよ。

 

腸内環境を整えるのに効果のある食べもの

ヨーグルト

腸内環境を整えるのに効果があるとされている食品としては、ヨーグルトや納豆、ごぼうやさつまいも、こんにゃくなどお勧めの食材となります。

 

最も効果的と言われているのが、乳酸菌をサプリメントから摂取するという方法。
手軽に腸内環境を整えるためにはサプリも良いですね。

 

 

宿便が溜まってしまうと、便がかたくなり排出が困難になってしまいますから、水の摂取も行いましょう。
飲み過ぎてしまうと、むくみの原因となってしまいますから、朝起きてすぐに、コップ1杯の常温の水、または白湯を飲むことで、水分の補給にもなりますし、朝から腸を動かすことができますから、エイジングケアにお勧めです。

 

関連ページ

20代からのアンチエイジングの重要性
エイジングケアに効果的な様々な方法をピックアップ。20代からのアンチエイジングに最も大事な方法とその理由。
紫外線対策はエイジングケアの基本
エイジングケアで決して怠ってはいけないのが紫外線対策。あとから後悔しない紫外線の対策方法とは。
マッサージで化粧水の浸透力をアップさせる
エイジングケアに効果的な顔のマッサージ方法とやってはいけないこと。
生活習慣でエイジングケアを〜睡眠と肌の関係
基本的なエイジングケアともいえるのが生活習慣。せっかく化粧品やコスメなどでエイジングケアしていても生活習慣が乱れていては効果は半減します。生活習慣の中でもっともおすすめの方法とは。
アンチエイジングにおすすめの栄養素と食べ物
エイジングケアに効果的な栄養素や食べ物。バランスのいい食事がもたらす効果。